< case.5 >
マウスピース矯正の症例cortho case

矯正検査・マウスピース矯正
(インビザライン)・保定装置

主訴八重歯と上の前歯が内側に生えている
患者20代男性
治療期間1年11ヶ月
治療費1,111,000円(税込)
※料金は当時のものになります。
治療計画八重歯と上の前歯が内側に生えているのが気になるということで来院されました。抜歯が必要であったためワイヤー矯正での治療をすすめましたが、格闘技をやられているということで、歯の表側に装置を多くつけることが困難であったため、ご相談の上で抜歯後しばらく裏側にワイヤーの装置を付けて治療を行い、インビザラインに切り替えを行いました。

▼画像をクリックすると拡大表示されます。
▼拡大画像の左右をクリックするとスライドします。

治療前
治療途中
終了時
Before
術前
After
術後

抜歯が必要ということでインビザラインでの治療は難易度が高く、最終的な仕上がりを考えればワイヤー矯正での治療が最善ではありました。その点はご本人ともよく相談し、生活習慣も考慮し今回はインビザラインでの治療を行いました。

治療中の2種類の写真は裏側のワイヤー装置時とインビザライン時の写真です。

マウスピース矯正の注意事項
(リスク・副作用など)

  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります。
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着(1日20時間以上)が必須です。
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります。
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします。
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
  • 自費診療(保険適用外)となります。
この治療をしたドクターに相談する >