入れ歯Denture

入れ歯について

入れ歯とは

入れ歯とは、歯の無いところを補う取り外しタイプの人工物です。
入れ歯の使用目的は、失われた機能の回復と口の中を安定した状態に保つことにあります。

入れ歯の種類

総入れ歯

総入れ歯とは、上下のどちらかの顎で自分の歯がまったくない場合に使われるのが総入れ歯です。歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。

総入れ歯は床と呼ばれるピンク色の土台(合成樹脂)の上に
人工歯が並んでいて、噛み合わせや、審美を回復させる目的で使います。

部分入れ歯

部分入れ歯は、抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯にバネ(クラスプ)をかけて安定させるもので、
欠損が1本だけの場合から歯が1本しか残っていない場合まで対応できます。

バネをかける歯を鉤歯といいます。ブリッジが抜けた歯の両隣の歯(支台歯)を多く削って被せるのに対し、部分入れ歯は鉤歯を少し削るだけですむのが利点ですが、ブリッジに比べて安定性が劣る、バネなどによる違和感があり、食べ物がつまりやすいなどの欠点があります。

そのため一般に部分入れ歯が選択されるのは、ブリッジで対応できないケース(連続した欠損歯が多数ある場合など)や、
ブリッジが可能でも患者様が歯を削りたくないと要望されたときなどになります。

「入れ歯」のメリットとデメリット

メリットブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効
健全な歯を削らずに補うことができる
取り外しができるので手入れが簡単
保険適応(保険外の場合もあります)
デメリットバネによる隣の歯への負担が大きくなる
咬む力が健康な状態に比べて30%ほどになる
取り外して手入れをする必要がある
口の中で動きやすく、痛みが伴うことがある
食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすい
発音しにくい場合がある
違和感がある

入れ歯の材質

保険診療の場合

レジン床

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の入れ歯です。金属素材よりも厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。

また装着時の違和感も大きいです。保険適応なので安価に治療できるといったメリットもあります。

自費の場合

金属床

義歯床が金属で出来ていて入れ歯の中でも特に精密な工程で作られるものです。
保険で使用するレジン床義歯に比べ様々な面でメリットが多く、非常に使い心地が良く長持ちするのが特徴です。

入れ歯の面積のほとんどを耐久性の高い金属を利用することにより強度に優れている為、非常に薄く作ることができ会話もしやすくなり入れ歯の違和感を少なくすることを追求すると同時に、飲食物の温度をそのまま伝達することができる入れ歯で食事も強い力で咬みしめることができます。

また用いる材質は主に生体親和性のある体にやさしくなじみやすい金属を使っていますので、アレルギーなどはほとんどありません。よって日常生活をより快適に送っていただくことができます。

アタッチメント義歯

一般的な保険の部分入れ歯は金属製のバネだけで固定します。

バネだけでは不安定なためにプラスチック部分を大きくして安定するようにできています。

大きくなったことでお口の中の違和感が強くなり、発音や食事がしにくくなってしまいます。

アタッチメント義歯は残っている歯に特殊な連結装置を装着し、もう一方の連結装置を組み込んだ部分入れ歯(部分義歯)とぴったりと連結させて、入れ歯(義歯)の安定を図ります。

いろいろな連結装置が考案されていて、磁石を使用したものや根だけ残った歯に装置を装着して総義歯にも使用できます。

患者様には入れ歯を使っていることが他人に分からない点が良いと喜ばれています。

シリコーン義歯

シリコーン義歯は硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。

生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。

「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯肉をやさしく守ります。

この生体用シリコーンは、コンタクトレンズや心臓のペースメーカーのチューブでも使用されており、安全な素材です。

ノンメタルクラスプ義歯

ノンメタルクラスプ義歯とは、部分入れ歯の金属製のバネがないものです。

金属製のバネの代わりに、弾性のあるプラスチック製のバネで義歯を支えます。

そのため、口を開けても金属製の金具が見えないので、審美性に大変優れています。

さらに、破折に強い素材で歯肉の色調と同化するのが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。

インプラント義歯

歯が全く無い場合や、失った本数が多い場合には、全ての部位にインプラントを行う場合もありますが、義歯(入れ歯)を併用する場合もあります。

失った全ての歯の本数分だけインプラント体を埋入できない場合などに選択されることがある方法です。

インプラントを支えにする義歯は、通常の義歯と比べて、余分な留め金(金具)の必要がなく、留め金などをかけるために、健康な歯を削る必要がありません。

支えがしっかりしているため、不安定な義歯でお悩みだった方の場合でも、よりずれにくく、外れにくい義歯にすることができます。

また、埋入したインプラントが歯根の役割を果たす事で、周りのあごの骨が痩せてしまうのを抑制する働きがあります。

ただ、取り外しが出来る半面、噛む力は通常のインプラントほど強くはありません。

その他入れ歯の種類

ナチュラルデンチャー

コーヌス義歯

ソフトレジン義歯

金属床(ゴールド)義歯

完成までの流れ