インプラントImplant

インプラント治療について

インプラント治療

インプラント治療とは

歯が無い部位の顎の骨にインプラントを埋め、そのインプラントに人工の歯を付ける治療方法です。

インプラント治療は1本の歯を失った場合から全ての歯を失った場合まで、幅広く適用できる治療方法です。

当院のインプラント治療の特徴

Zimmer Biomet

Zimmer Biomet社インプラントを使用

当院では、アメリカでトップクラスのシェアを誇るZimmer Biomet社(ジンマー・バイオメット)のインプラントを使用しています。

同社は人工股関節なども製作しており、インプラントには特殊な表面加工が施されているため、骨との結合力に優れています。
インプラント周囲炎のリスクが小さいことから、国内外から高く評価されているインプラントです。

患者様の負担軽減

口腔内スキャナーで患者様の負担軽減

従来の型取りでは時間を要し、患者様への負担が大きい面が懸念されていましたが、当院では口腔内スキャナーを用いることで、患者様の負担を最小限に抑えています。

さらに技工所との連携をデータ送信で行うことで被せ物装着までの時間を短くすることが可能です。

インプラント治療は
こんな方におすすめです

インプラント治療の流れ

インプラントの
メリットとデメリット

インプラント治療のメリット

健康な歯を削る必要がない

インプラントは1本1本独立して埋め込むため、ブリッジのように隣接する健康な歯を削ったり、負担をかけたりすることはありません。

異物感が少ないのでよく噛める

総入れ歯は自分の歯に比べて噛む力が大きく低下するため、食事に苦労する方も少なくありません。インプラントは自分の歯と同程度の噛む力まで回復できるため、自分の歯と同じ感覚で食事も楽しむことができます。

さらに技工所との連携をデータ送信で行うことで被せ物装着までの時間を短くすることが可能です。

見た目も自然で美しい

ブリッジ治療や部分入れ歯の場合、金属の部品が目立ってしまうという声もよく聞かれますが、インプラントは審美性の高い素材を使用でき、限りなく天然歯に近い審美性を回復することができます。

インプラント治療のデメリット

保険適用外(自由診療)

インプラント治療は保険が適用とならないなめ、保険がきくブリッジや入れ歯に比べると費用が高額になってしまいます。もちろん当院ではしっかりと事前に説明を行い、他の治療法も含めご検討いただきます。

手術が必要

インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋入する手術が必要となりますが、麻酔により痛みなく治療を受けていただけます。

治療期間が他の治療に比べ長い

お口の中の状態や治療部位によって異なりますが、インプラント治療にかかる期間は通常3~6ヶ月程度かかります。埋入したインプラントが骨と強く結合するまでに期間を要するため、ブリッジや入れ歯に比べて治療期間が長くなります。

インプラントの寿命

インプラントの寿命

1965年に世界で初めて埋め込まれたインプラントは、患者様が亡くなるまで40年以上も義歯を支える働きを果たしたという記録があります。

そのため、術後のメインテナンスをしっかり行い、衛生状態が適切に保たれているインプラントは、長期にわたって良好に機能することが期待できます。

インプラント治療が難しい
(制限される)ケース

  • 妊娠中の方
  • 他の歯根に感染症がある方
  • 歯周病の方
  • あごの骨の量が少ない方や
    骨粗鬆症の方
  • 全身疾患のある方

※糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある方は良好な状態にコントロールされていることが条件となります。

インプラント治療が適用できないケース

  • あごの骨の成長が終わっていない
    (概ね16才以下の)方
  • 歯磨きなど普段の手入れが
    充分にできない方
  • チタンへのアレルギーをお持ちの方
  • 医師との協調が得られない、
    精神的に問題のある方
  • アルコール依存症の方

※あごの骨の量や歯根の感染症等が原因の場合、治療によりインプラント治療ができるようになる可能性があります。
まずは一度ご相談ください。

料金表をみる

通いやすい歯医者を目指して

診療メニュー

当院を通いやすく、ご家族や大切な人にも勧められるようなところにしたいと考えています。

皆様の口腔環境の悪化を防げるよう最適な医療を提供いたします。

治療案内をみる