噛み合わせEngagement

顎関節症について

顎関節症とは

顎関節症は顎の関節を構成する骨、筋肉、靭帯といった構造のバランスが様々な因子によってくずれることで生じます。顎関節症はそんなに珍しい病気ではありませんし、またよく知りうまくつきあっていけば、そんなに恐い病気でもありません。

顎関節症の主な症状についてご紹介します。

主な症状

口を開けようとすると痛い

来院する患者様の訴えで最も多いものです。

痛む場所は耳の前の顎関節があるところが多いのですが、痛みが出始めた頃は片側の顔から頭までが痛いように感じることもあります。また頬やこめかみの筋肉に痛みが出ることもあります。

こめかみや頭の横が痛むときには頭痛と感じるひともいます。痛みは、口を開く時や食物をかむ時に出ることが多く、また、指で押すと痛いこともあります。

しかし、何もしないときに痛みが出ることは比較的少ないようです。

あごを動かすときに音がする

実はあごを動かすと音がするというひとはたくさんいます。自分はあごの病気がないと考えている人達を対象として行った調査では、23~39%のひとにあごの関節の音があるといわれています。

大きく分けると、カクカク、コキコキといったはじけるような音と、ゴリゴリ、ザラザラといったこすれるような音がする場合があります。

あまり大きく口が開かない

多くの例では、痛みのせいで口が大きく開けられないといったことがあります。他にも関節自体の動きが制限されてしまい、口が開かなくなることもあります。

ただ、どんなにひどくても指1本分くらいの開口は可能で、全く口が開かなくなることはありません。また、一般的には放っておいても、何日かするとだんだんと口の開く量が増えてきます。

急に噛み合わせが変化した

あごの関節や、あごを動かす筋肉に問題が生じると噛み合わせに微妙な変化が生じることがありますが、多くの人では症状が改善してくると気にならなくなります。

また、実際には噛み合わせの変化はなく、そのように感じるだけということもあります。

あごが閉じない

急にあごが閉じなくなる病気は顎関節症以外にもあり、多くはあごがはずれた状態です。顎関節症の場合では関節の中の組織のずれなどが生じているケースがあります。

その他

顎関節症で見られるその他の症状には、頭痛、首や肩の痛みとこり、耳の症状(耳の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、難聴、めまい)、舌の痛み、味覚の異常、目の疲れ、口の乾燥感などがあります。

しかし、これらの症状が顎関節症に関係するものなのか他の病気に原因があるのかを慎重に判断する必要があります。

顎関節症の治療について

顎関節症の治療は様々な要因によって引き起こされているので、治療方法を選択する際その治療による効果がなかったときに患者様にその治療による被害を残さない治療(可逆的な治療)を選択すべきです。

具体的には噛み合わせを良くするためとして、歯を削る、被せ物をする、歯列矯正をするといった治療(不可逆的な治療)は避けるべきです。

このような治療を受けても症状の改善がなかった場合、元の状態に戻すことができません。

このような治療を行わなくとも症状を改善させることができます。それはスプリント(マウスピース)、開口訓練、マッサージや湿布、習慣や癖を修正する行動療法などです。

治療は歯科医院で行うものと自宅でご自身でやっていただくことがあります。

歯科医院での治療

一般的にはスプリント(マウスピース)による治療を行います。これは上顎あるいは下顎の歯列に被せるプラスチックの装置です。

これを夜間睡眠中に使用することで、夜間の無意識かみこみで生じる顎関節や筋肉への負担を軽減させます。

痛みが強い時期には鎮痛薬も投与することもあります。多くの場合はこれらの治療によって、症状が消失します。

自分でできること

最近、顎関節症は生活上のいろいろな因子が症状の出現に関係することがわかってきました。

患者様自身がセルフマネージメントする姿勢を持つことで医療に参加する必要があります。

一般的な注意

食事での注意

咀嚼するのに噛み締める必要のある硬い食品はさけて、関節や筋肉に余計な負担をかけないようにしてください。(食物を咀嚼するときはなるべく両側の奥歯を使ってください。)
また、長時間にわたってガムを噛んだり噛み締めないでください。

うつ伏せで寝ると、関節や筋肉を圧迫して痛みが出やすくなるので、なるべく仰向けで寝るように習慣づけましょう。

スポーツについての注意

全身的な運動は血液の循環が改善され筋緊張をほぐしてくれます。ただし、激しい運動や強い噛み締めが必要なものは避けてください。

寒いところで行うスポーツの場合、寒さで痛みが強くなる恐れがあります。格闘技など顎に打撲が生じやすいスポーツも避けてください。

スキューバダイビングは比較的長時間マウスピースを噛み締め、また関節や筋を冷やす可能性があるため、症状が出ている場合は避けてください。

顎関節症の時の歯科治療について

顎関節症の症状が消えていないのに、虫歯治療を希望される患者様がいらっしゃいます。

通常の生活をしている中ではあまり不自由を感じてはいなくても、体調が悪化したり、疲労が溜まってくると口が開きにくくなり、大きく開口しようとすると顎関節や筋肉が痛むことがあります。

これは顎関節症から完全には回復していないのです。このような状態にある時は左右にある顎を動かす筋肉のバランスが取れていないために、元々の噛み合わせからずれてかんでしまっています。

このようにかむ位置が不安定な状態のままで噛み合わせを作る治療を行ってしまうと、不安定な位置でかみ続けることになり顎関節症の悪化につながります。

音が残っていても痛みが完全に消えているなら歯科治療を受けても問題ありません。歯科治療によってより噛み合わせも安定します。

また歯列矯正治療を受けて美しい歯並びにすることも可能です。こうして噛み合わせを良くすることは,原因のところで説明した寄与因子を減らすことにもなりますので、再発のリスクを小さくすることにもなります。

歯ぎしり・TCH

歯ぎしり・TCHについて

歯ぎしり(ブラキシズム)は、主に次の3つに分類されます。グランディングやタッピングは、音がするので家族に指摘されることもありますが、クレンチングは音がしないので気付きにくく、発見が遅れやすいです。

グラインディング

上下の歯をギリギリと擦り合わせる習癖のことです。

クレンチング

上下の歯を強く咬み合わせる習癖のことです。食いしばり・咬みしめはこれに該当します。

タッピング

上下の歯をカチカチと咬み合わせる習慣のことを言います。

歯ぎしりは寝ている時だけではありません

歯ぎしりなどのブラキシズムは、眠っている時だけでなく、起きている時にも行っていることがあります。

起きているときに問題となるのがTCHです。
TCHはTooth Contacting Habit"(歯列接触癖)の略で、上下の歯を持続的に接触させる癖のことです。

何もしていないとき人間の上下の歯は接触していません。くちびるを上下閉じていても上下の歯は触れていないのです。

眠っているときは無意識ですが、起きているときに行っていることに気づいたならば、意識的に行わないようにすることが大切でしょう。

歯ぎしりとTCHの問題点

上下の歯は会話や食事をする際の接触する時間を含めても一日30分程度が正常だと言われています。

上下の歯の接触と聞くと一般的には「かみしめ」や「食いしばり」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際にはグッと強い力でなく上下の歯が接触する程度の力でも口を閉じる筋肉は働いてしまうのです。

微弱な力でも接触時間が長時間になれば筋肉は疲労してくるため、顎関節は押えつけられることになり、感覚が敏感になって痛みを感じやすくなってしまいます。

このように歯ぎしりやTCHがあると顎関節への負担が増えるだけでなく、歯や歯周組織の病気(知覚過敏、破折、修復物の破損など)の悪化につながる可能性が考えられています。

TCHがあるからといって、かならずこのような不快症状が出るわけではありませんが、加齢とともに自覚症状が出てくるので、若いうちからTCHがあるかどうか気づくことが重要です。

実際、歯科を受診する患者様の中にも、TCHがあると思われる方が多くいらっしゃいます。

歯ぎしりのセルフチェック

寝ている間の歯ぎしりを確認することはできませんが、目が覚めている時にできるセルフチェックがあります。

3つ程チェックがついた方は、ブラキシズムの可能性があります。

歯ぎしりを改善するための治療法

歯ぎしりから歯や顎骨を守るため就寝時に「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースをつけます。

咬み合わせの問題はそれぞれ違うので、 ご自身の歯にぴったり合ったカスタムメイドのものを型採りし作製します。

手順

診察検査を受けた後、歯型をとります。その1~2週間後にマウスピースをお渡しします。

装着

基本は歯ぎしりが多い時間帯である就寝時に装着します。 初めは違和感がありますが、ほとんどの方がだんだん慣れてこられます。

かみしめのある方には一日中着けていただきたいのですが、 無理のない範囲で装着していただきます。

スポーツマウスピース

スポーツマウスピースとは

スポーツマウスピースはラグビーやアメリカンフットボール、アイスホッケー、フィールドホッケー、ラクロス、ボクシング、空手などのコンタクトスポーツで広く使用されています。

マウスピースは強打による衝撃を和らげる効果があり、装着していない場合には歯が折れたり唇や舌、顔面などを負傷したりすることがあります。

また、脳震とうなどの発生率や重篤度を低減させることが報告されています。

マウスピース装着が
義務化されているスポーツ

  • アメリカンフットボール
  • 高校ラグビー
  • ボクシング
  • キックボクシング
  • 女子ラクロス
  • 極真空手
  • アイスホッケー
  • インラインホッケー

マウスピース装着が
推奨されるスポーツ

マウスピースによる恩恵を受けるのは、限られた競技をプレイする選手たちだけではありません。

マウスガードを噛みしめることで強い瞬発力をうみだし、
集中力を高めるということが最近の調査報告から明らかになっています。

そのためゴルフや野球、パワーリフティングなどでも使われ始めています。

格闘技系

  • ボクシング
  • キックボクシング
  • 空手
  • 拳法
  • レスリング
  • 柔道
  • 相撲
  • その他

球技・団体競技系

  • アメフト
  • ラグビー
  • アイスホッケー
  • フィールドホッケー
  • バスケ
  • ラクロス
  • サッカー
  • ハンドボール
  • テニス
  • 水球
  • 綱引き
  • 野球
  • ソフトボール
  • ゴルフ
  • その他

個人競技系

  • モータースポーツ
  • 体操
  • トランポリン
  • アクロバット
  • スキー
  • スノボー
  • スケボー
  • スカイダイビング
  • ハンググライダー
  • 馬術・乗馬
  • ジェットスキー
  • サーフィン
  • ボウリング
  • 砲丸投げ
  • 槍投げ
  • 射撃競技
  • その他

スポーツマウスガードの使用にあたって

マウスピースの使用期限

スポーツマウスガードは自費治療で2回ほどのご来院でお渡しすることができます。1回目のご来院時に歯の型をとり、2回目のご来院時にスポーツマウスガードをお渡しします。

マウスピースは、一度作れば一生使えるというようなものではありません。それどころか、種目や個人の噛み癖などによっては、1シーズンももたない場合さえあります。

ラグビーやサッカーは普通1シーズンもちますが、空手やボクシングといった格闘技では、マウスピースの寿命は短いようです。

逆に、ゴルフや野球では、2年という長寿の例もあります。ただ慎重に考えれば、やはり1年に1回はすり減りや、破損を歯科医院でチェックすることをお勧めします。

お子様の使用の場合

成長期のお子さんは、顎の大きさや歯並びが成長と共に変化するため、必ず2~3か月に一度はチェックを受けましょう。

また、日ごろのお手入れですが、使用前と使用後には水ですすぎ洗いを行って下さい。そして、装着前には歯磨きをきちんと行う事が大切です。

注意事項

保管の際は、通気口が開いている頑丈なケースに収納してください。

そして、マウスピースの変形を最小限に抑えるため、熱湯や熱くなっているものの表面、直射日光など、温かになる場所に置かないよう注意してください。

保護者・指導者・選手の皆様へ

失ってしまった歯は戻ってきません

脳震盪は、記憶力減退、計算力減少、人格異常を起こす事があります。
スポーツマウスガードはこれらの危険性を最小限にとどめることができます。

「競技人生」より「人生」は遥かに長いものです。

歯そして体のダメージを極力避けて、競技人生後の生活を快適に送るための保険としてスポーツマウスガードを歯科医院で作成することを強くお勧めいたします。