小児歯科Children's Dentistry

小児歯科とは

小児歯科とは?

大切なお子様の歯を守るためにできること。

子供の歯は大人になったときの歯並びに大きく影響します。また、顎の骨の成長をコントロールすることによって大人になってから外科手術をせずに綺麗な歯並びになる可能性が高まります。子供の時から歯の大切さを学ぶことによって大人になっても歯を大切にする習慣が身につきます。

当院では虫歯だけでなく、予防処置・歯並びも見ていきます。

なぜ乳歯は虫歯になりやすいのか?

乳歯は歯列がでこぼこしていて、うまく歯磨きしにくいため虫歯の予防処置当院では以下の予防処置も行っています。

歯科医院で行うケア

食生活のアドバイス

一日三度の規則正しい食事をし、間食を控えることで、虫歯のリスクを抑えられます。食生活を見直すだけでも、大幅に虫歯のリスクを抑えることが可能です。

歯磨き(ブラッシング)指導

歯ブラシの握り方や歯の当て方などのクセを確認し、一人ひとりに合わせた指導方法で歯磨き上手なお子さんへと導きます。

虫歯予防のフッ素塗布

虫歯予防に効果的といわれるフッ素には、フッ素ジェルやフッ素洗口、フッ素入り歯磨き剤など様々なものがあります。当院で使用するフッ素は、自宅で使用できるフッ素含有製品よりも高濃度のものを使用します。永続的な効果はありませんので、定期的なフッ素塗布をおすすめしています。

虫歯予防の詰め物(シーラント)

シーラントとは、歯の表面にある溝に特殊な樹脂を埋め込むことで虫歯を予防する治療です。その効果は、樹脂が取れなければ半永久的となりますが、シーラントと溝の間に隙間ができたり、剥がれたりすると、そこから細菌が繁殖しやすくなるため注意が必要です。食べ物や歯の形、噛む癖などでも外れてしまうことがあるため、3-6ヶ月に一度の定期メインテナンスをおすすめしています。

当院の小児歯科について

当院の小児歯科について

当院ではお子さんが慣れるまでは無理に治療することはありません。たとえ痛くない治療だったとしても、お子さんはとても勇気を出して治療に来ています。初めての診察台に座り、不安で泣き出したり、恐怖で暴れ出したりすることも時にはあるでしょう。そのような状態で無理に治療しようとすると、強い恐怖心を与えてしまい、トラウマとなってしまうのです。

歯医者さん嫌いにならないよう、当院ではお子さんの目線に立ったやさしい診療を大切にしております

「初めての歯科治療」を
検討されている親御さんへ

「初めての歯科治療」を検討されている親御さんへ

歯医者さんが初めてのお子さんには、まずは歯科衛生士と一緒に楽しくお喋りしながら、治療器具に慣れていただくところからスタートします。治療に関しても、最初はお口の中を覗き、フッ素塗布をする程度にとどめます。

お子さんが、歯医者さんは怖くないところと理解できれば、もう泣いたり怖がったりしません。しかし信頼関係ができていないと、お子さんはちょっとした刺激にも不快に感じてしまいます。

当院では、じっくり時間をかけて信頼関係を築けるように心がけております。

また、小さい頃は歯並びの問題も骨格から治療することができ、歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなるので、歯並びの問題は早期発見・早期治療が大事になります。当院は矯正歯科も併設しており適切な時期に矯正治療のご説明ができますので、ご安心ください。