矯正歯科の症例esthetic case

症例

case.1

矯正検査・部分矯正(ラビアル)・保定装置

すきっ歯が気になるで来院。
部分矯正でも治療可能な歯並びであったため治療期間や費用を抑えるためにワイヤーの
部分矯正で治療した。

Before
矯正前
After
矯正後
主訴すきっ歯が気になる
治療期間4ヶ月
治療費253,000円(税込)
治療のリスク歯根吸収、歯肉退縮、知覚過敏、後戻り

case.2

矯正検査・部分矯正(ラビアル)・保定装置

すきっ歯が気になるで来院。
かみ合わせが深くなることが予想されたため、かみ合わせを挙げ歯牙の配列を行った。

Before
矯正前
After
矯正後
主訴すきっ歯が気になる
治療期間12ヶ月
治療費528,000円(税込)
治療のリスク歯根吸収、歯肉退縮、知覚過敏、後戻り

case.3

矯正検査・マウスピース矯正
(インビザライン)・保定装置

7後方にスペースが確保できていたため抜歯はせず、遠心移動・歯列弓拡大・IPRを行いインビザライン単独で治療を行った。患者協力度も高く短期間で治療が完了した。

Before
矯正前
After
矯正後
主訴前歯のガタツキが気になる
治療期間9ヶ月
治療費1,078,000円(税込)
治療のリスク歯根吸収、歯肉退縮、知覚過敏、後戻り

case.4

矯正検査・マウスピース矯正
(インビザライン)・保定装置

前歯のがたつきが気になるということで来院。
職業上目立つ装置がつけられないということでインビザラインを用いて治療を行った。

Before
矯正前
After
矯正後
主訴前歯のガタガタが気になる
治療期間1年3ヶ月
治療費1,078,000円(税込)

マウスピース矯正の注意事項
(リスク・副作用など)

  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります。
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着(1日20時間以上)が必須です。
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります。
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします。
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
  • 自費診療(保険適用外)となります。
症例を詳しく見る >

case.5

矯正検査・マウスピース矯正
(インビザライン)・保定装置

八重歯と上の前歯が内側に生えているのが気になるということで来院。
抜歯が必要であったためワイヤー矯正での治療をすすめましたが、格闘技をやられているということで、歯の表側に装置を多くつけることが困難であったため、ご相談の上で抜歯後しばらく裏側にワイヤーの装置を付けて治療を行い、インビザラインに切り替えた。

Before
矯正前
After
矯正後
主訴八重歯と上の前歯が内側に生えている
治療期間1年11ヶ月
治療費1,111,000円(税込)

マウスピース矯正の注意事項
(リスク・副作用など)

  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります。
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着(1日20時間以上)が必須です。
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります。
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします。
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
  • 自費診療(保険適用外)となります。
症例を詳しく見る >

case.6

矯正検査・マウスピース矯正
(インビザライン)・保定装置

前歯のがたつきが気になるということで来院。
抜歯を行わず拡大とディスキングを中心にインビザラインで治療を行った。

Before
矯正前
After
矯正後
主訴前歯のガタツキが気になる
治療期間9ヶ月
治療費1,078,000円(税込)

マウスピース矯正の注意事項
(リスク・副作用など)

  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります。
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着(1日20時間以上)が必須です。
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります。
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします。
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
  • 自費診療(保険適用外)となります。
症例を詳しく見る >